鶏むね肉の南蛮漬け

f:id:ccrcc:20170903161523j:image

 

スガさんレシピより。

しっかり漬けて、明日か明後日に食べよう。

今晩は豚の生姜焼きでもしよっかな。

 

さっきテレビでいってた。

 

女の人が長生きなのは

食器洗いするからなんだって。

ちゃんと観てなかったから

詳しくは忘れたけど。

 

お皿1枚洗っていくたびに

小さな達成感が積み重ねられて

ストレスがどうとか…。

 

うーむ。

 

小さな達成感というのは、わかる気がする。

私が食器洗い好きなのはそれかも。

 

でもフルタイムで働いてたときは

食器洗い大嫌いだったなー。

 

仕事して買い物して疲れて帰ってきて

頑張ってごはん作っても

食べるのは一瞬で。

夫はソファでテレビ観て笑ってる。

急いで作ったから

使った鍋やフライパンがそのままで。

洗わないといけない食器も山積み。

 

そんな毎日。

ストレスしかなかった。

片付け終えたあとはヘトヘトで

達成感とかそれどころじゃなかったし。

 

ということは。

今、達成感を得られている私は…

 

一人だけ長生きしたくないよ。

夫にも食器洗いしてもらおうかしら。

 

スポンジと炊事手袋

お久しぶりです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

9日ぶりの更新になってしまった。

法事があったり、体調崩したり。

理由はいろいろありましたが。

 

とりあえず何でもいいから

できるだけ毎日更新しようって

目標にしてたのだけどね。

やはり私には無理だよなぁ。

 

毎日続ける。

何年も続ける。

何事も。

これができる人を心から尊敬します。

本当に。

 

 

昨日は家事もなかなかサボってしまい

挽回すべく

朝からモコモコ、排水口のお掃除。

 

f:id:ccrcc:20170903103655j:image

 

10年来の相棒、トンガリ君。

あ、もちろん何代目かはもうわかりません。

食器洗い用からシンク洗い用に降格しました。

頭のトンガリで、いい仕事してくれます。

 

築25年の賃貸マンション。

狭いキッチン。

食洗機なんて気のきいたモノは

うちにはありません(*^o^*)

二人家族の専業主婦には不要ですしね。

 

食器洗いは家事の中でも

わりと好きな家事の上位に入ります。

しかも、素手で洗いたい派だったりします。

掃除とかも基本的に素手。

多少、乾燥や手荒れしても平気。

ハンドクリーム塗り込めばすぐに回復♪

…だったのですが。

 

今回の手荒れはひどかった…。

すぐに病院に行けばよかったのだけど。

なんとか市販の薬と手袋で乗り切りました。

 

f:id:ccrcc:20170903122835j:image

 

おすすめの手袋です。

いろいろ試してみたけど

今のところこれが一番気に入ってます。

 

チキンナゲット

f:id:ccrcc:20170825194602j:image

 

本日の作りおき、ぱーと2。

これまたスガさんレシピ。

チキンナゲットは初挑戦です。

揚げ物作るの苦手な私にも

簡単に失敗なくできちゃいました♪

 

夫と一緒に味見。

うまっ!(・∀・)

 

スガさんのレシピは私好みの味なので

どれ作っても美味しい〜。

何品か挑戦しましたが

今のところ全部リピしてます。

料理本が好きでよく買ってしまうけど

過去最高に活用してるかも。

もやしとわかめのナムル

安い、美味しい、カラダに良い。

三拍子揃った夢の食材、もやし♪

ただ、いたみやすいのと

ひげ根取りが面倒なのが玉に瑕。

 

ひげ根、取りますか?

私はかなり徹底して取ります。

暇人なもので(〃ω〃)

工場作業的なのは、わりと好きです。

 

f:id:ccrcc:20170825123238j:image

 

もやしのひげ根取ってるときに

いつも思い出すのが、あまちゃん

私の記憶が正しければ

初回、離婚話?してるシーン。

キョンキョンがダイニングテーブルで

もやしのひげ根取りしてましたよね。

そんなの覚えてる人いないと思いますが。

(もし記憶違いだったらごめんなさい)

 

f:id:ccrcc:20170825143304j:image

 

今日もスガさんレシピより

もやしとわかめのナムル作りました。

基本4人分のレシピなので

二人家族のわが家はいつも2等分して保存。

 

すりごまにこだわりはないですが

このパッケージが好きで

いつもこれを買います。

おじいちゃんに癒される〜(*´ω`*)

熊本地震と食器棚の話②

昨年の熊本地震により

大切にしていたたくさんの食器を

ものの見事に木っ端みじんにしてくれた

あの大きな食器棚は今年5月

業者さんにお願いして処分しました。

 

家具の耐震対策を怠っていた私が悪いのです。

もし対策していれば

あれほどの被害はなかったはず。

阪神大震災も経験したというのに

すっかり忘れていた愚かな私なのです。

あらためて耐震対策の重要性を

身をもって痛感しました。

 

そんな私が今、地震対策で心掛けていること。

 

1.今後大きな家具は買わないようにする。

2.頭より高い位置には、なるだけモノを置かない。

3.置く場合は当たっても大怪我しないものに限る。

4.あまりモノを増やさない。

 

もちろんほかにも防災用品の準備とか

すべき対策は山ほどありますが

家の中の安全対策に限って、です。

 

それを踏まえて

処分後に新しく購入した食器棚はこちら。

 

f:id:ccrcc:20170823182237j:image

 

無印の80センチ幅のキャビネットを2つ。

ガラス扉の方には食器を

木製扉の方には食品のストックなどを収納し

オーブンレンジやフードプロセッサー

上にのせています。

キッチンのサイズにもぴったり。

とても気に入っています。

 

ちょっとした作業台もでき

何よりも圧迫感がなくなって

背後に怯えながら料理しなくていいのが

食器棚を変えて良かったことです。

 

壁に付けられる家具。

さっそく心掛けの2に反してますが。

これはすでに地震に耐えた実績があるので

迷いなく採用しました。

上の棚には乾物などを並べているだけなので

万が一、飛んできて当たっても平気です。

 

無印の家具にしたのは

もちろん無印が大好きだからだけど

もし今より広いキッチンのある家に

引っ越した場合のことも考えて

買い足しできる家具にしようと思ったから。

これならキッチンだけでなく

どの部屋でも使えるところが素晴らしい。

 

私の断捨離熱は

地震とこの食器棚が原点だったといっても

過言ではないように思います。

 

断捨離で生活がシンプルになる。

ストレスが減って余裕が生まれる。

気持ちが前向きになる…

今ようやくここに差し掛かった頃なのかな。

自分に自信を持てるようになるまでは

もうしばらく時間がかかりそうですが。

ヒキコモリ生活を脱却して

外へ出かけたい気持ちが

少しずつ芽生えてきたように感じます。

シンク下とコンロ下収納

昨日、食器棚の話の続きを書くために

現在の食器棚の写真を撮ろうとしたら

なんだか無性に反対側の

シンク下の収納が気になりだして。

 

道具は使う場所のそばに…

という、収納の鉄則を頑なに守り続け

ひたすら何の疑いも迷いもなく

フライパンや鍋をコンロ下に収納していた私。

 

そんな私に

電光の如く閃きは突然に。

 

よくよく考えてみたら

なにもこの狭〜いコンロ下に

無理して全部詰め込まずとも

シンク下の方にも入れたらいいのでは?

 

(・∀・)!

 

こんな単純ことを

なぜ私は今まで思いつかなかったのでしょう。

この、狭い狭いコンロ下に

なぜ私は5年もの間

持てるすべてのフライパンと鍋を詰め込み

不便さに毎度うんざりしながらも

狭小キッチンの運命だと諦め

あるときは火のついたコンロに

髪を焦がしかねない危険をおかしつつ

屈みこんで手を伸ばし

重い鍋をどっこいしょと取り出していたのか。

 

発想力を骨抜きにする思い込み…

あなおそろしや〜。

もっと柔軟な思考を持たないとね。

 

そうだ、シンク下に詰まっている

不用品だけどまだ捨てられないモノたちを

コンロ下のフライパンとチェンジしよう!

 

そうしてその後も次々とアイデアが浮かび

手持ちの収納グッズを駆使しまして。

 

f:id:ccrcc:20170822213914j:image

 

シンク下はこんな感じになりました。

取り憑かれたように片付けに没頭してたので

ビフォーの写真撮り忘れてしまった。

3つのフライパンと蓋を

定番のファイルケース収納してみました。

 

このシンク下からは大きな土鍋やら

カセットコンロやらガスボンベ

使っていないコーヒーメーカーなど

いろいろ出てきましたが

使わないものは全部コンロ下の奥へ。

 

f:id:ccrcc:20170822233028j:image

 

手前の方に鍋を取り出しやすく配置。

花嫁道具に母が買ってくれた鍋たち。

ビタクラフトと有次のものです。

10年以上使ってるけど、まだまだ使える。

 

さて、食器棚の話の続きを書かなくちゃ。

ひじきたっぷり炒り高野

スガさんの『身につく作り置き』

というレシピ本がきっかけで

最近、作りおきにハマってます。

 

f:id:ccrcc:20170821171202j:image

 

今日もその本の中から

ひじきたっぷり炒り高野を作りました。

先週初挑戦し、今回が2度めになります。

 

先日の買い出しの折りに

ニンジンが売り切れで省略しました。

ごぼうはコープの乾燥ごぼうを戻して使用。

こんにゃくはレシピの分量の2倍で。

1センチ角に切る作業が地味に楽しい。

下ごしらえした材料を順番に炒めて煮るだけ。

超カンタン♪

 

出来上がったらアルコール消毒した容器に移し

平べったい保冷剤と水と網を入れたバットに

容器の底を10分ほど浸して急冷して。

粗熱がとれたら冷蔵庫へ。

これで「あと1品」が

2日は悩まなくてすむのだ〜。

バンザイ٩(^‿^)۶