シンク下とコンロ下収納

昨日、食器棚の話の続きを書くために

現在の食器棚の写真を撮ろうとしたら

なんだか無性に反対側の

シンク下の収納が気になりだして。

 

道具は使う場所のそばに…

という、収納の鉄則を頑なに守り続け

ひたすら何の疑いも迷いもなく

フライパンや鍋をコンロ下に収納していた私。

 

そんな私に

電光の如く閃きは突然に。

 

よくよく考えてみたら

なにもこの狭〜いコンロ下に

無理して全部詰め込まずとも

シンク下の方にも入れたらいいのでは?

 

(・∀・)!

 

こんな単純ことを

なぜ私は今まで思いつかなかったのでしょう。

この、狭い狭いコンロ下に

なぜ私は5年もの間

持てるすべてのフライパンと鍋を詰め込み

不便さに毎度うんざりしながらも

狭小キッチンの運命だと諦め

あるときは火のついたコンロに

髪を焦がしかねない危険をおかしつつ

屈みこんで手を伸ばし

重い鍋をどっこいしょと取り出していたのか。

 

発想力を骨抜きにする思い込み…

あなおそろしや〜。

もっと柔軟な思考を持たないとね。

 

そうだ、シンク下に詰まっている

不用品だけどまだ捨てられないモノたちを

コンロ下のフライパンとチェンジしよう!

 

そうしてその後も次々とアイデアが浮かび

手持ちの収納グッズを駆使しまして。

 

f:id:ccrcc:20170822213914j:image

 

シンク下はこんな感じになりました。

取り憑かれたように片付けに没頭してたので

ビフォーの写真撮り忘れてしまった。

3つのフライパンと蓋を

定番のファイルケース収納してみました。

 

このシンク下からは大きな土鍋やら

カセットコンロやらガスボンベ

使っていないコーヒーメーカーなど

いろいろ出てきましたが

使わないものは全部コンロ下の奥へ。

 

f:id:ccrcc:20170822233028j:image

 

手前の方に鍋を取り出しやすく配置。

花嫁道具に母が買ってくれた鍋たち。

ビタクラフトと有次のものです。

10年以上使ってるけど、まだまだ使える。

 

さて、食器棚の話の続きを書かなくちゃ。